入りたかった地元で有名な総合病院に就職

私は学校を卒業後、地元でも有名な総合病院に就職をすることにしました。
その病院は、看護師になったら必ず来たいという気持ちをもっていた病院でした。

そのため頑張って働くという気持ちをもっていたのです。
私が病院内で配属されたところは外科病棟でした。

私としては、ゆっくりとしたペースで患者さんを看護したいという気持ちがあったので、内科で働くことを希望していました。
しかし、人数的な面か分かりませんが、忙しい外科病棟の配属となりました。

その時は、希望とは違っているけれども、せっかく就職出来たところなので、外科でエキスパートになりたいという志をもって気持ちを新たにして働くことにしました。

予想通りの忙しい外科病棟

そこでは予想していた通り、とても忙しい病棟でした。
そのため仕事が終了すると帰宅して、お風呂も入ることもできずに、疲れのために眠り込んでしまうという日々が続いていたのです。

しかし、そのことは当然のことと思って我慢をして働いていました。
すると、体に変化が見られるようになったのです。

仕事から帰ってきて、寝ようとした時、不眠が見られるようになりました。
寝れないと翌日はフラフラの状態で仕事をするといった事が続くようになっていきました。

当たり前の話ですが、不眠状態が長く続くと体にもよくありません。
数ヶ月すると、ついには倒れてしまいました。

その後、1ヶ月の休職をすることになりました。
そして、休んでいる間に冷静に考えた結果、やっぱり私は外科で働く事は無理と思うようになり退職をすることにしました。

私の後悔

今振り返ると、不眠の状態が続く前に上司に相談をすれば良かったと思っています。
また、外科病棟が自分にあっていないと思った時、無理をせずに体と心をゆっくりと育てて行くことが大切であったと感じています。

もしも同じように不眠になっている看護師の方がいたら今直ぐにでも上司に相談した方がいいと思います。

求人サイトトップ

他の看護師の話をみる

このページの先頭へ