壮絶なイジメにあった新人看護師

私が看護師を辞めた理由は同僚からのいじめです。
看護学校を卒業してから大学病院に就職したのですが、運悪くいじめのターゲットにされてしまい、心身ともに疲れ果てて辞めました。

就職して仕事を始めて二週間ほどは何事もなく、いたって普通に業務をこなしていましたがちょっとしたことが原因で陰湿ないじめを受け始めたのです。

いじめの始まりは私の挨拶の声が小さいという理由からでした。
朝出勤したときに先輩看護師の方に挨拶をしたところ「声が小さくて聞き取りづらくてやる気を感じられない」と10分ほど説教を受けました。

存在全てを否定される

自分では元気よくハキハキと挨拶をしたつもりでしたが、それが先輩看護師の気に障ったらしくて他の看護師の方がいる前で私を責め立てたのです。

初めは挨拶だけを責め立てられていましたが、そのうち私の服装や態度、喋り方や見た目、声など私の存在全てを否定するかのごとく怒鳴り散らすようになりました。

指導という名目で同僚や患者の方がいる前で、私に対しありとあらゆる罵詈雑言を浴びせかけるのです。

その他にも先輩看護師の仕事を無理やり押し付けられ、仕事の量が多くてできませんと言うと、お前は気合が足りないんだと説教を受けたりもしました。

同僚は自分がいじめのターゲットにされたくないからか、私がいじめを受けていても見て見ぬふりをして誰も助けてはくれませんでした。

毎日が地獄のような日々で、そのうち自分が看護師をやっている理由すら思い出せなくり、病院に出勤するのも辛くなってしまいました。

病気になる前に辞めてアパレルの仕事へ転職

余りにも辛い環境で、このままでは自分が病気になってしまうと思ったのでおもいきって病院を辞めたのです。

病院を辞めた後は、看護の仕事とはまったく関係のないアパレル関係の仕事に就きました。
看護師になるために看護学校に通って必死に勉強したので看護師を辞めることに少し抵抗を感じましたが、あまりにも壮絶ないじめを体験してしまったのでもう二度度看護師にはなりたくないと思ってます。

今のアパレル関係の職場ではいじめを受けることもなく、同僚との人間関係も良好でとても働きやすい職場です。

求人サイトトップ

他の看護師の話をみる

このページの先頭へ