あなたは平均年収をもらってますか?

看護師の平均年収は、厚生労働省の調査による統計だと約450万円です。
ちなみに、平均月収は32万円、ボーナスは約80万円というようになっています。

一般のサラリーマンやOLの平均年収が300万円と言われる時代ですから、良い方ではないかなと思います。

ただ、これは看護師全体の平均なので年齢で考えるとあまり参考にはなりません。
続いて年代別に見ていきます。

  • 20代は350万円
  • 30代は450万円
  • 40代は500万円
  • 50代は550万円

というのがおおよその平均となるようです。

ただ、ここで大事なのは勤続年数や経験が大きく関係しているということです。

より良い年収を求めて転職ばかり繰り返していたり、診療科目をちょこちょこ変えていると、勤続年数は短く一つの科目の経験も浅くなってしまいます。

ですので、30代でも20代と同じ扱いになってしまうこともあり、そうなると年収もアップしません。

とは言っても、最初に就職したところの条件や環境が自分にぴったりということは希なことです。

働いて経験を積めば、最初は高待遇に思えた職場でも割に合わないこともありますし、人間関係が大変なこともあるでしょう。

そういった場合は転職するのもしょうがないことですが、年収を上げるためには転職に失敗しないようにすることが重要になるのですね。

看護師は年収が高くて当たり前?

女性が多い職種として一番に挙げられるのが看護師だそうです。
看護師の世間一般のイメージが高収入なんだとか。

確かに、看護師の年収というのは、一般のOLさんと比べると決して安いということはないので高収入と言えば高収入かもしれません。

ただ看護師になるのは楽じゃないです。
看護学校時代に辞めていった人はいましたし、私は実習が嫌で嫌で仕方がありませんでした。

社会人になり看護師として勤務し始めたときも辛くて辛くて何度も辞めようと思いました。

夜勤もあるし、休みも取れない仕事

仕事内容はハードですし、夜勤や残業もありますから体力的にもかなりの負担がかかります。

ある意味で労働に対する給与は良いとはいえないこともあります。

子供に熱が出たからといって急に休んだり、何かあったからすぐに早退するというのもままなりませんし、休みも思うように取れません。

命に関わることもありますし、プレッシャーも半端じゃない。
こういった環境での仕事ですから、他の職種よりは給与が良いのは当たり前とも言えるでしょう。

もちろん働く病院の規模や地域、経験年数や資格によって差はありますし、初任給がずば抜けて高いというわけでもありません。

年収額よりも一生働ける魅力

看護師は国家資格です。
だから給与や待遇に関しても他の職種よりは恵まれた職場が多いです。

ただ若いうちは夜勤もあるため給料が良いのですが、年齢を重ねるにつれて一般的な平均的な額なんじゃないかなと思います。

看護師の魅力は年収ではありません。
給料よりも看護師の恩恵があるのは食いっぱぐれないということかなと思います。

看護という仕事を探すのであればブランクがあっても職に困らないのは看護師だけではないでしょうか?

国が過去に辞めた人を支援しているぐらいですから。

求人サイトトップ

このページの先頭へ