看護師の統計資料

このページでは主に厚生労働省や日本看護協会の統計資料を元に様々な考察をしていきたいと思います。

関連ページは随時追加していくので、今しばらくお待ち頂ければと思います。

病院勤務の看護師数

看護師は常に人材不足といわれていますが実際のところはどうなのでしょうか?
日本看護協会の統計資料の中から病院勤務の看護師数を調査いたしました。

統計資料からも分かる通り看護師は年々増加している一方で准看護師は減少傾向にあります。

看護師の働く場所

看護師は様々な分野で働くことができる非常に強い国家資格です。
よく看護資格を活かして働けるといいますが、どんなところで働けるかはイメージでしか理解していない方も多いのではないでしょうか?

統計資料から「どのような職場で活かせるのか?」が分かると思います。
例えば保健師は10年前と看護師数は変わっていませんが、在宅看護は10年前と比べて2倍以上、今後も増えていくと予想できます。

看護師の平均年収

あなたは看護師の平均年収をご存知でしょうか?
厚生労働省の統計によると看護師の平均年収は約450万円です。

この金額は一般の会社員に比べてもかなり高待遇といっていい金額です。

看護師の月平均残業時間

看護師は過酷な労働環境で働いていると言われています。
その理由として残業時間と不規則な交代勤務があるといえるでしょう。

看護師の月平均残業時間を調査しましたので、ご自身の病院と比較してみてください。

また、残業時間と不規則な勤務シフトにより過労死レベルの危険性もあります。
ご自身の残業時間該当していないかをチェックするようにしてください。

新人看護師がもらうボーナスの相場

あなたはいくら支給されましたか?
ボーナスが支給される月は一般的には6月と12月になります。

統計資料によると約50万円になりますが、金額は病院によって大きくことなります。

このページの先頭へ