新人看護師は大きな病院で働け!

あなたが新人看護師であれば最初は大きな病院で働くことをおすすめします。

その理由は3つあります。

  • 基礎をしっかり教えてもらえる
  • 様々なルール、機材、症例が学べる
  • 組織・管理の仕組みが分かる

その他にも給料が安定していたり、環境面もしっかりしているところが多いことも大きな病院で働くメリットです。

ただ一番は看護師としてのスキルをみにつけることができるということでしょう。若いうちに身につけたスキルは一生ものです。

大規模病院で働く3つのメリット

前述の通り大規模な病院で働く3つのメリットがあります。

一つ目が新人看護師にとって何よりも重要な基礎が学べる点です。人数の少ない小さい病院は教育担当がいるわけではありません。そこまで人員を割くことができないという事情もありますし”教育”が浸透していません。

教育や育成のルールや研修もないことから教える人のスキルに頼ることになります。仕事はできても教える能力とは無関係ですから、最悪な結果を招くことも当然ながらあります。

大きな病院は教育が体系的になっているため一生もののスキルを身につく機会がたくさんあります。

続いてが機材や症例の豊富さです。新しい機材を購入する資金力が大きくことなるため常に新しいことを学べます。

また、自分がやりたい分野がはっきりしない、模索している状態であっても、様々な科がありますし、異動等で新しい分野を学ぶチャンスが転がっています。

やりたい分野がなくても様々な部署の看護師や医師と接することで、自分のやりたい分野が明確になることは多いです。

最後が組織や管理の仕組みが分かることです。例えば、薬の管理ひとつをとっても大規模病院はルール化されておりミスを減らすよう工夫がされています。

小さく古い病院は処方箋が手書き、セット漏れの確認ミスや処方切れ、ダブルセット、誤薬などミスが起きやすいです。組織化されているとこういった面もよく学べます。

その他にも大規模な病院は委員会があったり、改善活動を常に行っているため、どのように改善していき、組織をよくすればいいかが学べます

また、上司の働きぶりや看護師長などの部下の管理方法も間近で学べる点も将来的には役立つでしょう。

大きな病院でも一般病院と大学病院では異なる

大きな病院といっても一般病院と大学病院では身につく能力も異なります。

よく言われているのが大学病院の看護師は「看護スキル」がみにつきますが、診療補助(採血や点滴など)のスキルは身につかない職場が多くなります。

大学病院から一般病院に転職をしたときに「これだから大学病院出身の看護師は使えない」と医師が言う理由はここにあります。

そのため将来的に自分が進みたい方向によって、一般病院か大学病院かで決めるといいでしょう。

最新・最先端の医療に携わりたい、看護師長や看護部長になど管理職を目指しているなら大学病院をおすすめします。一方で看護師として患者さんと密接に関わりたいなら一般病院が良いと思います。

大きな病院にはデメリットもある

さて、ここまでは大規模病院のメリットだけを述べましたが当然ながらデメリットもあります。

やりたい科で働いていたけど異動になった、人間関係が希薄な傾向がある、古いしきたりがある、学閥や派閥がある、などです。

そういったデメリットもありますが最初に働くという点では将来のためになります。年齢が高くなると小さな病院から大きな病院へ転職することは大変です。

だからこそ若い新人看護師のうちに大規模病院へ転職をし様々なスキルをみにつけましょう。

大きな病院の求人はハロワで探すことは難しいです。資金力があるため求人サイトで非公開になっていることが多いので、登録をして情報収集すると良いですよ。

求人サイトトップ

このページの先頭へ