逃げ出したくなる理由は何ですか?

看護師は人の心と体に向き合い続け日々命を預かる非常に重責の思い仕事です。
それに加えて夜勤で昼夜逆転の日々が続くと生活リズムが崩れることから、自分自身の精神状態も不安定になりがちです。

  • 仕事でミスをしてしまったとき
  • プリセプターの先輩から説教をされたとき
  • 同僚と比較して自分ができていないとき
  • 私生活でのトラブルが原因となるとき

「もう辞めたい」と逃げ出したくなることがあるでしょう。
かつての私もそうでした。

看護師なら誰だって逃げ出したくなるときがあるものです。

でも、すぐに転職をしたり、看護師を辞めることは、この先の人生を考えるとおすすめしません。

辞めるには、それなりの理由がなければ、次の仕事でも上手くいかないからです。

どんな看護師になりたいですか?

逃げ出したくなったとき。
そんなときには「自分はどんな看護師になりたいか?」と考えると良いと思います。

私の例で申し訳ないのですが「私みたいな未熟な看護師人でも出来ることがあるはず。自分の存在や言葉でその人を少しでもよい方向に導けたらいいな」という考えでした。

当時、私が勤めていた職場は非常に忙しく、患者さんとあまり向きあえていませんでした。
私が未熟だったこともあり、いつも時間に追われて焦っていたように思います。

そのためもっと患者さんと向き合えるようなところで働きたいという思いから転職をしました。

転職後、紆余曲折がありましたが、自分の考えや言葉で勝負できそうな保健師への道を目指しました。

もし、あなたが今つまずいて辞めたくなってしまっているなら、「自分はどうして看護師になりたかったのか」を振り返ってみるといいかもしれません。

私は今は保健師をしていますが、以前の看護師の経験が活かせています。

今の環境が納得できない方も「無駄な経験はない」と考え日々を大切にすることも大切だと思います。

理由があれば辞めても絶対大丈夫!

辞めることは逃げ出すことではありません。

もしも職場内で「いじめ」があったり、自分にはあわない職場であるなら転職することも一つの解決方法です。

良い精神状態で働けるからこそスキルも身につきますし、患者さんとも良い関係を築けます。

特にいじめの場合、辞めることは逃げ出すことではなく、勇気のある行動です。
少しの勇気がときに人生を大きく変えることもあります。

いじめや人間関係で悩んでいるなら少しだけ勇気を出してみると良いと思います。

もしも看護師の仕事が大嫌いなら看護師を辞めることも勇気です。
大切なことは”今だけ”を考えるのではなく、この先の将来を考えることです。

このページの先頭へ