面接で何度も落ちる新人看護師の共通点

書類選考は通るけど、面接で何度も落ちる看護師には共通点があります。
そもそも面接はなぜ行うのでしょうか?

面接というのは、書類だけでは分からないことを聞き出すために行われるものです。

仮に職務経歴書などでマイナスのイメージがついている場合は、面接でマイナスをプラスに変えるという努力をしなくてはいけません。

新人看護師がまず気をつけたいので、短期間で辞めた(辞める)理由です。
ベストな回答はあるのでしょうか?

面接の成功は準備が8割

面接の成功のカギを握るのは”準備”です。
多くの看護師さんが準備することが大切ということは分かっているでしょう。

しかし、多くの看護師さんは準備の順序を間違えています。
緊張しないコツ、上手く答えるコツ、面接のテクニック…これらはそれほど重要ではありません。

最初にやらなければならないことは病院側が求める看護師を知ることです。

  • 長く勤めてくれる人
  • 協調性があり、他部署とも上手くやれる人
  • 病院の考えに共感してくれる人
  • 特定分野の経験が豊富な人

など病院側によって採用の基準と優先度は変わります
だからこそ最初にやるべきことは病院が求める人物を知ることから始まります。

辞めたことをプラスに変える唯一の方法

一般的に辞めたということは良いイメージにはならにことが多いです。
しかし、辞めたことをプラスのイメージで捉えてもらう方法があります。

それが「今度はこうする」という前向きな姿勢を示すことです。
とはいえ、なんと答えればいいか分からない人も多いでしょう。

そんなときに役立つのが求人サイトのコンサルタントや看護協会の職員です。

模擬面接などを通して「こんな風に答えたら良いよ」とアドバイスをしてくれます。
自分がいくら良いと思っても、他人が聞いてみるとそうでもないということは多いです。

そんなときに第三者のアドバイスは非常に役立ちます。
特に求人サイトのコンサルタントは採用する病院が、どのような看護師を求めているかを知っています。

マイナスのイメージに対するベストな回答は病院側の採用目的によって異なります。

要するにベストな回答は病院ごとに違うため、病院の求めることを知り、それにあった回答が出来るか?ということが重要になります。

新人看護師を中途採用する理由

病院が中途採用で新人看護師を募集する一般的な理由は2つです。

  • 新卒採用が上手くいかない(そもそも行っていない)ため
  • 新人看護師が辞めたため年齢バランスを考えて

しかし、上記はあくまで一般的で実際は違うこともあります。
新人看護師でも採用するということは、長く勤めて欲しいという気持ちもあるでしょう。

また、教育をおこなって”育てる”ということも意識しています。

求人サイトのコンサル経由だと、この採用する背景も分かるため便利です。
また、どんな質問があるか?を知っているケースもあるため活用度は高いです。

面接で損をしないための見た目

面接で落ちるということは、見た目に問題があることもあります。

看護師はなんといっても清潔であることが基本です。
服装がだらしなかったり、不衛生な印象を与える髪型や爪、お化粧などをしていないか見直してみましょう。

勤務中ではありませんが、面接の時点で不潔に見られれば看護師としての質を疑われます。

清潔な印象を与えるように心がけて損をしないようにしましょう。

不利な経歴があるときの対処

転職が多い、職歴が浅いなど一般的に良い印象を与えない経歴があるなら、なぜそうなったか納得してもらえる理由を話す必要があります。

マイナスのイメージを持たれる場合は、事前に回答の用意をしておくと良いですね。

このページの先頭へ