休職をする理由

休職をする多くは精神面での理由が多いです。
逆に体の病気での休職なら元の職場に戻れる人は多いです。

元の職場に戻れない多くは「鬱病」になった人です。
戻れないというよりは、戻りにくいと言った方がいいかもしれません。

  • 病院内で噂が広まっている
  • 腫れ物を扱うように接してくる
  • 職場に戻る怖さがある
  • 陰口が怖い

など理由は様々です。
しかし、精神面から体調を崩した”理由”によっては全く気にしなくても大丈夫です。

では、どのような理由なら気にする必要がないのでしょうか?

人間関係が左右する休職からの復帰

  • 患者さん及び家族との人間関係
  • 忙しすぎる毎日が嫌になった
  • 看護師の仕事で辛いことがあった

上記が理由であれば休職から復帰して働くことが出来ます。
簡単にいってしまえば、職場内の人間関係以外なら復帰しましょう。

なぜなら復帰後の環境は変わるからです。
そして、周囲の同僚や先輩も支えてくれます。

職場の人間関係が良いなら是非戻ってください。
個人的には戻れるなら戻った方が将来的にも良いと思います。

どうしても悪い方に考えてしまうかもしれませんが、”考えすぎ”という面が強いです。

復帰せず転職した方が良い理由

一方で職場の人間関係でうつ病になったのであれば転職の方がいいといえます。

職場の人間関係で休職をしたのであれば休職から戻っても改善されないどころか悪化することも多いです。

看護師長の計らいで他の科へ異動しても噂は広まります。
どんな大きな病院であって他の科へ異動してもです。

休職をすると最初は残業なしで働くことも多いです。
これはあなたの体調面を考慮してのことでしょうが、他の看護師と同じ条件で働かなければ陰口を言われることもあります。

人間関係の悪い職場なら休職から復帰しても辛い思いをするだけです。
新人ナースで経験が浅いといっても看護師なら転職は可能です。

新人ナースで転職というと一からのスタートです。
しかし、もっと人間関係の良い病院にいく方がこれからのあなたのためには良いでしょう。

このページの先頭へ