時間がないと叫ぶ看護師へ

看護師の「時間がない」には、捉え方で意味が違ってきます。
看護師として働き出して3年未満の看護師は「時間がない」と思うことが多いですよね。

  • 勤務中に時間がないと感じる新人看護師
  • 休日も勉強会やレポートで休めない新人看護師

ここでは少しでも時間を作るための方法を紹介したいと思います。

勤務中に時間がないと感じるとき

時間内に仕事を終わらせるために「時間がない」と感じるケースですね。
これは”慣れ”という側面もあるのですが、多くは”間違った教育”が原因です。

いってしまうとプリセプター次第という側面が強くなります。

新人看護師は何も分かりません。
これは当たり前のことであります。

昔よりも看護技術が進歩し、看護学校だけの経験では現場で働くことは不可能です。
しかし、多くの先輩看護師はそのことをわかっていません。

例えば、新人があたふたしていて、仕事が片付いていないとしましょう。

ダメなプリセプター

「まだ終わってないの?早く終わらせてもらわないと私も帰れないのよ。」
と更にプレッシャーをかけて、新人看護師は更にパニックになります。

こんな看護師をプリセプターに選んだ看護師長も良くないですね。
こういった病院は新人を育てようという意識が全体的に低い傾向にあります。

まだ1年目であり、教育がOJTだけなら転職した方が懸命です。
2年目以上なら3年を過ぎたら辞めた方がいいでしょうね。

ちょっと出来るプリセプター

「これもやらないといけないよ。時間配分を考えようね。」
と言葉は優しいのですが、全く役に立たないアドバイスをします。

一応の教育方針があるものの、病院全体としては出来ていないところが多いです。
いわゆる名前だけ、とりあえず作ったというレベルの研修制度がある病院が多いです。

優秀なプリセプター

「これもやらないといけないね。何か分からないことがある?私も手伝うから一緒にやってみよっか?」

と一緒に考えて、手伝うよという言葉を投げかけます。

この一言は新人看護師にとって、何よりも心強い言葉です。
大げさにいえば新人看護師は「一生ついていきます!先輩!」と思うはずです。

こういった看護師がいる病院は全体的に新人を育てようとする教育熱心な病院が多いです。

こんな病院なら少なくても自分が教育担当となり、新人を育てるまではいた方が良い病院です。

休日も勉強会やレポートで休めない

病院のルールというか教育方針ですから、これはどうやっても解決することが出来ません。

どうしても嫌なら病院を移るしかありませんが、ある意味で教育熱心といえます。

あるいは昔からの慣例でただやっているだけの病院もあります。

少なくても無給での勉強会が頻繁にあり、しかもあまり意味のないものなら転職を考えても良いかもしれません。

特に大学病院では勉強会は多い傾向があります。
民間でも大規模な総合病院や中規模以下の病院でも勉強会があるところはあります。

勉強会があるか求人サイトのコンサルタントに確認してみると良いですよ。

このページの先頭へ