新人看護師の転職

新人看護師の転職は経験者と違った就職活動をする必要があります。
簡単にいうと「ゼロからスタート」する意識をもって転職活動をする必要があります。

このページでは次の就職で成功するために転職に関する情報を掲載しています。

新人ナースの「逃げ出したい!」

看護師は喜びもあれば辛いことも多い仕事です。

命と向き合う仕事もありますし、夜勤や長時間勤務からくる精神的苦痛、同僚・患者さんとの人間関係からくる苦痛、休日もなくただ働くだけと感じることもあります。

特に新人のころには「逃げ出したい!」と思うこともあるでしょう。かつての私もそうでした。

短期間で辞めた看護師

短期間で辞めることは少なからずマイナスになりますが、一部のケースを除けば転職ができなくなるというわけではありません。

この”一部のケース”においては、必ず不採用になる・面接にすら進めないということがあります。

将来性のある科、将来性のない科

看護師にとってキャリアアップを考える上で勤務している科というのは非常に重要です。

ここでは将来的に需要の高い科と需要が低くなる可能性の高い科を考えてみました。

面接で落ちる新人看護師の共通点

新人看護師の転職では一般的には短期間で辞めたというマイナスのイメージがついて回ります。

書類選考は通るけど面接で何度も落ちる新人看護師には共通点がありました。

新人ナースの転職時期

新人ナースが転職する時期としておすすめは12月です。

経験の少ない新人ナースといえど12月は求人が多いため鉄板の時期といえます。

新人ナースが休職から戻れない理由

新人ナースが休職をしても元の職場に戻れる可能性は少ないです。

仮に戻ったとしても様々なことが原因で結局は退職となることが少なくありません。

時間がないと感じる新人ナースへのアドバイス

時間がないと感じている新人ナースの方にアドバイスをしています。

あなたの病院は危険かもしれませんよ。

既卒の看護師求人の探し方

既卒とはいわゆる第二新卒と呼ばれる方が該当します。
既卒求人は看護学校卒業後、3年以内の新人ナースを対象にした求人です。

既卒求人の探し方、メリットとデメリットを説明しています。

新人は大きな病院で働け

新人看護師なら大きな病院で働くことをおすすめします。
若いうちに身につけた能力は今後の看護師人生で大きな武器となります。

なぜ大きな病院がいいのか3つの理由を紹介しています。

このページの先頭へ